ホーム > 更新履歴。



1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30





<< 前の月次の月 >>


<< 最初から最後から >>

* 指定しない(703)
更新。(149)
おやすみ。(175)
お知らせ。(34)


RSS 2.0

粋なお葉書。
本日投函しました。
まちろのミニレターについて
更新延期します
無料配布SSのお知らせ<追記>

まちろのミニレターのお礼
とっても久々2
いただきました!
届きましたー
ありがとうございます!

2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年12月(2)
2018年10月(1)
2018年09月(1)
2018年07月(2)
2018年06月(1)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(1)
2017年08月(1)
2017年05月(1)
2017年03月(1)
2017年02月(1)
2017年01月(2)
2016年12月(6)
2016年11月(10)
2016年10月(1)
2016年09月(1)
2016年08月(2)
2016年07月(7)
2016年06月(8)
2016年05月(13)
2016年04月(20)
2016年03月(9)
2016年02月(6)
2016年01月(16)
2015年12月(22)
2015年11月(17)
2015年10月(27)
2015年09月(25)
2015年08月(31)
2015年07月(26)
2015年06月(30)
2015年05月(31)
2015年04月(30)
2015年03月(31)
2015年02月(28)
2015年01月(31)
2014年12月(31)
2014年11月(30)
2014年10月(31)
2014年09月(30)
2014年08月(31)
2014年07月(31)
2014年06月(30)
2014年05月(31)
2014年04月(4)

・ 累計 : 3,328
・ 今日 : 49
・ 昨日 : 132

<< 更新履歴。 >>

ゴールデンウィークはおやすみします。
2015/05/02(Sat)

こんばんはー。
せっせと次回作を執筆しています。
ひらめいたら、なにか番外編をアップしますね。


「じゃ、じゃあ、行ってくるねっ。あとお願いしますっ」
「わかった。気をつけてな」
「うん。真尋くんっ、いい子にしててねっ!」
「うあああああん!まちろもいくううう!」
「はいはい!ゴールデンウィーク終わったらね!」
「ままあああああ!」
「うわ!真尋!暴れるなっ」

泣き叫ぶ真尋を肩に担ぎ上げて家の中に入るとはあと盛大なため息をつく。
ゴールデンウィークに入ってなぎまま保育園が休みになったせいだ。

「やらああああ!まちろも、いっちょにいくのおおおおお!」
「行くのって、行ってどうするんだよ」

うあああんと大絶叫する真尋にどうしたものか。
昨日の夜からぐずって俺もひまりもお手上げだ。
ひまりが実家に電話をしてお義母さんにヘルプを出してくれたから昼までの辛抱だな。
やれやれ。
どんだけ保育園好きなんだよ。お前。

「うーーーっ!」
「うーっ、じゃねぇよ」
「にぃちゃのあほ!」

真尋がひまりの職場にある保育園に通うようになって活発になったのはいいんだけど、変な言葉も覚えてくるしな。
どうやら吹雪くんという子の影響らしい。
ノー残業デーに真尋を迎えに行くけど、真尋以外のこどもに会ったことはない。
どんな子なんだろう?
ちょっと気になる。
ほかにも響生くんとゆいちゃんという子もいるらしい。
いつも真尋と仲良くしてくれているみたいで、ありがとうの一言くらいは言いたい。
平日に休みが取れたら挨拶くらい言ってみてもいいよな。

「真尋。拗ねるのもいいけど、あともう少ししたらばぁば来るぞ?ばぁばに泣いたところ見られてもいいのか?」

拗ねてソファに丸まっていた真尋はがばっと体を起こすと、こまう!と叫んで洗面に走って行った。
ホント。
お義母さんには頭が上がらない。
ゴールデンウィーク中はお義父さんと一緒にこっちに遊びに来てくれるらしいしな。
こどもの日は楽しみにしててね〜、と言ったお義母さんに戦慄く。
な、なにを用意するんだろうな?
鯉のぼりは早々に真尋に贈ってくれたし。
ベランダの外でからからと音を立てている鯉のぼりに目をやった。
真尋が掴んだ幸せは俺にも幸福をもたらしてくれている。
ふっと笑みを浮かべると背中にどん!と衝撃を受けて、真尋が飛びついてきた。

「いきなり飛びつくなよ」
「らっちぇ〜」
「だってじゃないだろ?」
「あーい」

ぷくぅと頬を膨らませた真尋を膝の上に座らせて風になびく鯉のぼりを見る。
顔を洗って落ち着いたのか真尋が鯉のぼりを見て、きえーねと言った。

「そうだな」
「ばぁば、おちゅち、もっちぇきちぇくえう?」
「おまえね、食べ物のことかよ!」
「おいちーのにっ!」

せっかく落ち着いていた真尋がまた怒り出して、お義父さんとお義母さんが来るまで言い合いをしていた俺は大人気ない。
涙目の真尋がお義母さんに抱きついて、にぃちゃがっ!と訴えている。

「あらあら。羽純くんとケンカしちゃった?」
「ばぁばのね、おちゅち、たえちゃかっちゃの」
「あら。お寿司食べたかったのね」
「たえちゃかっちゃのっ」
「ごめんなさいね。用意してないの」
「!」

真尋はとうとう耐え切れずにぽろりと涙を零すとお義母さんがあらあらあらと笑って真尋を抱き上げた。
食い意地張ってるよな。真尋って。

「用意してないけど、お昼はオムライスにするからね?」
「おうあいしゅ!ちゅくっちぇくえう?!」
「ええ。作るわよ〜。お父さん、荷物、冷蔵庫に入れてきてちょうだい」

そういえば、お義父さん。
すごい荷物だな。
両手いっぱいの荷物を俺も一緒に運ぶ。
なんだこれ?
すごく重い。

「母さんがゴールデンウィークだからと張り切ってね」

肉に魚に野菜に果物、ビールにジュース、これはパーティ仕様だな。
ちゃんとお寿司の材料も入ってて真尋の喜ぶ姿が目に浮かぶ。

「私たちは嬉しいんだよ。誰かのためにこうやってなにかできることが」

にこりと笑ったお義父さんの目が優しくて、男泣きしそうになった。
真尋だけじゃなくて俺も家族として愛してくれている。
お義父さんやお義母さんのような人がいるおかげで俺は父親と母親という存在を嫌いにならないですんでいるのかもしれない。

「いつも、ありがとうございます」
「いやいや。自己満足だからね」
「それでも、です」

ははははと笑うお義父さんはビールを取り出すとこっそり一杯やるかと俺を誘ってきた。
あとでお義母さんに怒られたのは内緒だ。
こうして俺たちの賑やかなゴールデンウィークは幕を開けた。

久しぶりにはすみんの独白。

18:51

おやすみ。 │ 大川夜磨。




[331] ありがたいね〜 - まあむ

おはようございます。
久々のはすみん。
相変わらずまちろ君に手を焼いてますが、
一緒に幸せを実感中。
いずれ親になる彼、
実の両親、義理の両親、学ぶことは多いですね。


2015/05/03 08:28

[332] お返事です。 - 大川夜磨。@管理人

まあむさま
こんばんは。
久々のはすみんは通常運転でした^^;
相変わらずいろいろとザンネンな人です。

2015/05/03 17:42

No. Pass.
name
MAIL
URL
タイトル
コメント
投稿キー 投稿キー と入力して下さい)
削除キー (記事編集時に必要となります)

クッキー保存



前日]   [更新履歴。]   [翌日

- My Moblog v1.0 -