気持ちいい関係。

  top


嵐のあとは。*3*


向かい合うように抱き合うと杏は膝立ちになって祐哉の肩に手を置く。
耳元で囁かれる言葉に杏の膝はがくがくと震えっぱなしだ。
杏の体を這うように祐哉の手が触れ、杏も心地よさから体をよじらせて喘いでいる。

「あん。ゆ、やぁ」
「くぅの体はどこを触っても気持ちがいいですね」
「もっ、とぉ、触ってぇぇ」
「ええ。いくらでも触って差し上げますよ」
「ああーーーんっ」

我慢できずに杏は祐哉の頭をかき抱くとはぁはぁと息をつく。
目の前で紅く震えている小粒を舌先で転がすとより一層杏が声高く啼くのだ。

「あああああーーーっ!」

くちゅくちゅと音をさせて胸を唇で愛撫すると杏の下腹部がぴくんと揺れる。
背中を撫でていた手を下げて割れ目に沿って指をすべり込ませると杏の声に切なさが加わった。

「ぁぁっ、はぁ、ぁんっ。ゆ、や。キスっ」

体を少し離した杏は唇を開いてキスをねだる。
するりと忍び込んできた祐哉の舌を迎え入れると、ちゅちゅと食むように唇を貪った。
反り返った熱く昂ぶるものに蜜を絡みつけてくちゅくちゅと音を鳴らせると身をよじらせて祐哉を誘い込んだ。

「まだですよ。いけないくぅですね」
「あふっ、ゆ、やぁ、きもちいっ!来てぇぇぇーーーっ」

祐哉の目の前に胸を突き出すと杏は祐哉の頭を抱き締めて触ってと叫ぶ。
立ち上がった小粒に吸い突くと杏が声をあげて啼いた。

「ぁぁぁんーーーー!」

背中を撫でながら手を下げていくと割れ目に指を入れて蜜が零れる場所を開く。
今にも爆発しそうなものを杏の入り口にあてがうとかぷりと咥えるように先端が飲み込まれた。

「ぁーーーんぅ」

ゆっくりと腰を下ろしながら杏が背中を仰け反らせて気持ちよさそうな顔をして祐哉を飲み込んでいる。
祐哉の指が自身の太ももに当たるとすき間なく繋がった場所を撫でて、ふぅと息をつく。
ひくひくと動く場所を撫でると中がきゅっと締まって祐哉を顔をしかめた。

「あんっ」
「相変わらず、キツいですね」
「ゆーやが、おっきいのっ」

はぁはぁと息をつく杏はぺろっと舌を出して祐哉の唇を舐める。
よほどキスが気に入らなかったのかしつこく舐めてくるのだ。
祐哉も舌を出して杏の舌を舐める。
舌先で突き合っていると舌を絡めて互いの口内を貪り合う。

「んんう、ぅんん」

祐哉の口をあむあむと食んで杏は気持ちよさそうに目を閉じている。
軽く下から突き上げると杏はリズムに乗って腰をゆるく動かし始めた。
くちゅくちゅと鳴る音に祐哉も興奮していく。

「ん、んっんーーーっ、はぁ、ぁぁーーーっ」
「くぅ」
「ゆ、やぁぁ!き、もちいいーーーーっ!」
「ええ。私も、気持ち、いいです、よっ」

ぐっと腰を掴んでグラウンドすれば杏の下腹部がびくんと大きく震えた。
うねるような動きに祐哉もくっと息を飲む。

「ぁぁ、す、きっ、ゆ、や、すきぃぃ」
「私も、愛してますよ」
「ぁぁんーーーっ、もっとぉ!」
「奥までたくさん愛してあげます」
「ゆーやぁ」
「くぅ。私だけのくぅ」
「ぁぁーーーっ」

祐哉は杏の体をベッドに押し倒すと太ももを腕にかけてぐっと奥まで体を沈み込ませた。
背中を反らせた杏は祐哉の首にすがりついてやってくる衝動に身を任せる。
腰を振り合って高みに昇った二人は同時に果てたのだった。


肉食同士がぶつかり合うと果てがない。
元気な人たちです。

2014/05/25 投稿。


  top


Copyright(c) 2014 yoma_ohkawa all rights reserved.